夫婦

プロペシアの副作用やAGA治療のホントのトコロ【薄毛対策委員会】

セルフで行なう薄毛対策

シャンプー

塗るタイプと飲むタイプがある

薄毛の悩みを改善する為に、自分自信でセルフケアをしている人も少なくないでしょう。自分で行なうケアとして代表的なのが育毛剤の使用です。頭皮に直接塗るタイプの育毛剤から、身体の内部から働きかける薬タイプの育毛剤までその種類は様々です。それぞれ違った特徴があり、成分によって効果も違ってくるので注意が必要です。育毛剤を使用してケアをする場合、まずは自分の薄毛の原因となっている部分をしっかりと究明してから適切な育毛剤を使用するのが良いでしょう。また、育毛剤は使ってすぐに効果が出るものではありません。長く使い続けることによって効果を実感することができるのです。1度選んだ育毛剤は、半年程度は使い続けるのが良いでしょう。

効果の高い成分

育毛剤に使用されている成分として代表的なのがミノキシジルです。これは、塗るタイプの育毛剤に配合されていることが多いでしょう。元々ミノキシジルは、薄毛やAGA改善の為に開発された成分ではなく、高血圧治療薬の成分として誕生しました。その後、患者の身体全体の体毛が多くなることが発覚した為、育毛剤として使用されるようになったのです。国外では内服薬としてミノキシジルを使用することも多くあります。ミノキシジルに加えて効果の高い成分がフィナステリドです。ミノキシジルが髪の毛は生やす効果があるのに対して、フィナステリドは抜け毛を防ぐ効果があるものとなっています。フィナステリドの場合、国内でも服用薬として使用されています。昔に比べると育毛剤の効果もかなり高くなっています。成分を知っておくことによって、自分に合った育毛剤を見つけ出すことができるでしょう。